ブログアクセスアップの正攻法と裏技



ブログのアクセスアップには様々な方法があります。

ただ大きく分類すると、検索エンジンからのアクセスを呼び込むのか?検索エンジン以外の場所からアクセスを呼び込むのか?の2通りのアプローチになります。

1.検索エンジンからのアクセスアップを前提として作業する場合、

①記事コンテンツの質を上げる(文字数などの対策含む)
②外部被リンクの獲得数を増やす

2.検索エンジン以外の場所からのアクセスアップを前提として作業する場合、

①アメブロ独自のアクセスアップ手法を使う
②ツイッター(Twitter)からの集客
③フェイスブック/フェイスブックページからの集客


これ以外にもアクセスを集めることは可能ですが、大きく効果がありそうなところは上記の項目に絞られます。

それでは、狙いとするアクセスの流入元をよく検討しながらアクセスアップ対策を進めて行きましょう。力を入れるべき作業が全く変わってきます。



1.検索エンジンからのアクセスアップ




1-①記事コンテンツの質を上げる(文字数などの対策含む)


※検索順位を上昇させ検索エンジンからのアクセスアップを期待します。

パンダアップデートによるGoogle検索エンジンのアルゴリズム変更により、テキスト数の多い長文記事のSEOスコアが上がり検索結果の上位表示を獲得する時代になりました。
競合が多い検索キーワードで上位表示される1記事のテキスト数は2000字~3000字、多い場合は10,000字弱になる長文記事の場合もあります。

現在のアルゴリズムでは、更新頻度を優先してテキスト数500字前後の短文記事を作るよりも、まずは1記事あたりのテキスト数を増やし検索上位サイトと渡り合える内容(質)のコンテンツを準備するのが検索順位の上位獲得とアクセスアップに得策と考えられます。

☑ 文字数とブログアクセスアップの関連性

また1記事にかける平均的な制作時間がより長くなりますので、生産性を上げるにはターゲットキーワードの選定が重要なプロセスとなります。

☑ キーワード攻略でブログのアクセスアップを行う

ブログ記事のリライトによる記事制作の省力化ツールも出ていますが、現在のところ人間の書いた文章の水準には到達していません。

記事のリライトツール


主なメリット

・検索エンジンの検索上位達成により安定的アクセスを比較的長期に渡り期待できる。
・読者が記事の内容に満足すればブログへの再訪問を期待できる。
・読者が記事の内容に満足すればブログ内の記事巡回を促しさらにSEO効果が高まることを期待できる。

主なデメリット

・記事のテキスト数や質の高い文章の準備に時間がかかり検索上位を外してしまうと工数のロスが大きい。
・ターゲットキーワードにもよるが検索エンジンの競合ブログやサイト(ライバル)は多い。ビッグキーワードでは手の込んだライティング技術も要求される。
・ブログ開設から月日の経過していないドメインの若いブログは質の高い記事を準備しても検索エンジンの上位表示に時間を要する可能性が高い。



1-②外部被リンクの獲得数を増やす


※検索順位を上昇させ検索エンジンからのアクセスアップを期待します。

ペンギンデートによるGoogle検索エンジンのアルゴリズム変更により、外部被リンクは効果がない、あるいは効果はかなり薄くなったと言われています。

しかし、競合の多いキーワードの検索上位をよく分析してみると被リンクの多いブログのほうが検索エンジンの評価を勝ち得ているようであり、現実に被リンクが増えると検索順位が上昇する現象も見られることから、依然として外部被リンクのSEO効果は大きいと思われます。

競合の少ないキーワードで勝負する場合は、前述の1-①記事コンテンツの質を上げる(文字数などの対策含む)だけで検索結果の上位表示を獲得することも十分可能です。
しかし、競合の多いビックキーワードになるほど検索エンジンでの上位表示を獲得するのが記事コンテンツの質だけでは難しくなるため、外部サイトからの被リンクによる外部SEO対策も重要なファクターになってきます。


1-②-1. ブログランキングによる被リンク増加


ブログランキングに登録することで被リンクを増やします。ただし、こちら側のブログからもブログランキングへリンクを送りますので、単純な1本の被リンク増にはなりません。また中小のブログランキングは閉鎖しているところも多くやや盛り上がりに欠けています。

☑ ブログランキングでアクセスアップする裏技


1-②-2. キュレーションサイトによる被リンク増加


ネイバーまとめやFC2などのキュレーションサイト(まとめサイト)に掲載されることで被リンクが増加します。特にネイバーまとめはページランクが元々高く、利用しているユーザー数も多いため高い被リンクの効果が期待出来ます。

☑ ネイバー(NAVER)まとめで SEO効果を得る裏技


1-②-3. サテライトサイト(衛星サイト)による被リンク増加


メインブログへ被リンクを送るサテライトサイト(衛星サイト)を制作する手法もあります。外部リンクの獲得は現在も少なからぬ効果があると知れてきてサテライトサイトの制作も見直されている感があります。ただし、あくまでサテライトサイトになるので作業の効率化が成功のカギを握ります。

☑ サテライトサイトの作り方

☑ 外注ライターを使ってアクセスアップする裏技


1-②-4. ソーシャルブックマークによる被リンク増加


ソーシャルブックマークに登録されるとブログに被リンクがつきますが、followリンクとnofollowリンクのタイプがあります。nofollowリンクとは「このリンクは辿らなくてもいいですよ。」と検索エンジンに伝える指示文であり、nofollow型のソーシャルブックマークに登録されても直接の被リンク効果は発生しません。

キュレーションサイトやSNSの台頭でソーシャルブックマークも次々にサービスを終了してきていますが、はてブ(はてなのブックマークサービス)は現在もユーザー数が多く影響力を発揮しています。
また、はてブのリンクにはnofollow属性がついていないため登録されると被リンクのSEO効果が発生します。


1-②-5. SNS(ツイッター、フェイスブックなど)による被リンク増加


ブログ記事がツイッターでつぶやかれたり、フェイスブックに投稿されると被リンクがつきますが、こちらはnofollow属性を持ったリンクになります。このためSEO対策としての被リンク効果はありません。
ただし例外的にSEO効果が発生する場合も考えられます。

☑ ツイッターやフェイスブックのSNSリンクとSEO効果


1-②-6. その他による被リンク増加


相互リンクサイトや無料検索エンジンへの登録など、一昔前の被リンクの獲得方法がありますが現在は実質意味が無く下火です。



主なメリット

・被リンクによりSEO効果を発揮し検索エンジンの上位表示を期待できる。
・ブログランキングなどのリンク元のサイトからのアクセス流入を期待出来る。
・SNSでのリンクの拡散は検索エンジンのクローラーの巡回を促しインデックスを早める効果が期待できる。

主なデメリット

・ブログコンテンツ以外の部分で時間と労力を消費してしまう。
・関連性の薄い記事からの被リンクなどSEO効果が期待できない場合もある。
・被リンク用のペラサイト量産など結果的に意味の無い作業をしたり、スパムリンクとならないよう予備知識と慎重な準備を必要とする。




2.検索エンジン以外の場所からのアクセスアップ




2-①アメブロ独自のアクセスアップ手法を使う


※アメブロの独自機能を使いアメブロサービス内でのアクセスアップを期待します。

アメブロもブログサービスの一種ですが、ブログサービス内で独自のコミュニケーションツール(ペタ、いいね!、読者登録)を開発しており、このツールを利用したアクセスアップが可能です。

☑ アメブロはペタ・いいね・読者登録でアクセスアップ


またアメブロのランキングも他と異なりページビュー=PVカウント形式(他のブログランキングはINとOUTのカウント方式)を採用する独特のスタイルを貫いておりランキング上位を確保してアクセスアップを期待できる場合があります。

☑ アメブロとトラフィックエクスチェンジ


ただアメブロはサブディレクトリ型のURL方式を採用している弱点もあり、検索エンジンからの集客にはあまりお勧めとは言えません。

☑ アメブロがSEOに弱いワケ


主なメリット

・ペタ、いいね!、読者登録などを使い能動的にアクセスアップを試みることが可能である。
・上記のツールがあるためブログ開設後直ちに集客作業へ移れる。
・有料版への切り替えで広告は外すことが可能である。

主なデメリット

・商用利用不可である。
・無料版は広告数が多い。
・ガチガチのブログシステムでカスタマイズに不向き。フレキシビリティは乏しい。




2-②ツイッター(Twitter)からの集客


※ツイッター内で記事を拡散する手法でブログのアクセスアップを期待します。

ツイッターからブログへ誘導する集客方法も有力なアクセスアップ手段です。ツイッターのプロフィールページにメインブログのURLを貼り付けておく、ブログ記事の更新情報などをツイッターでつぶやかせるのが主な手法です。
ツイッターとブログとの連携や定期ツイート、フォロワーの増殖など自動化できる部分も多く小技が効いてくれるのもこの集客方法の特徴です。

☑ Twitterで自動でフォロワーを増やす裏技


主なメリット

・アカウントの立ち上げ作業が軽くて早い。複数アカウントの運営も十分に可能である。
・うまく行けばバズ(Buzz:次から次へつぶやきが拡散される)を期待できる。
・ツールを使った小技・裏技を使うことが出来る。

主なデメリット

・うまく使わないと集客効果に乏しい。
・拡散されるには結構研究が必要である。
・アカウント凍結のリスクがあり、運営のハンドリング次第の一面がある。



2-③フェイスブック/フェイスブックページからの集客


※フェイスブック内で記事を拡散する手法でブログのアクセスアップを期待します。

フェイスブックでの記事投稿やフェイスブックページの立ち上げでブログへの集客を行うことも可能です。フェイスブックは商用利用が不可のため、事業用にはフェイスブックページを使います。
いいね!や友達申請などでフェイスブックアカウントへの誘導、アピールなどの小技が効いてくれます。

☑ フェイスブックで無料集客ツールでアクセスアップする裏技


主なメリット

・アカウント開設後、すぐに(能動的に)アクセスアップを試みることが可能である。
・うまく行けばバズ(Buzz:次から次へ投稿記事が拡散される)を期待できる。
・いいね!や友達申請などでツールを使った小技・裏技を使うことが出来る。

主なデメリット

・アカウントの開設がやや面倒、フェイスブック自体での商用利用は出来ない。
・いいね!や友達申請をしてもあまり反応の得られない場合がある。
・ヘッダー画像やプロフィール画像の設定程度で基本的にカスタマイズは出来ない。




以上、主だったブログアクセスアップの正攻法と裏技の概略です。
お疲れ様でした。





アクセスアップの作業ポイント


・一般のブログシステムを使用し検索エンジンからのアクセスアップに注力する場合


この場合は、

1-① 記事コンテンツの質を上げる(文字数などの対策含む)

1-② 外部被リンクの獲得

の2つが重要な攻略ポイントになります。


・アメブロを使用して独自のコミュニケーションツール(ペタ、いいね!、読者登録)を使ってアクセスアップを試みる場合


この場合は、

2-① アメブロ独自のアクセスアップ

が重要な攻略ポイントになります。


・SNSからの集客に力を入れる場合


この場合は、

2-② ツイッター(Twitter)からの集客

2-③ フェイスブック/フェイスブックページからの集客

の2つが重要な攻略ポイントになります。




まとめ


ご紹介したどのアクセスアップ手法にもメリットとデメリットが存在します。

自分のブログの属性と将来的にやりたいことに合わせて、一つのポイントに注力するなり、組み合わせてみるなどして効率的にリソースを配分しアクセスアップにトライしてください。

コンテンツSEO全盛期の今、ほとんどのブログアクセスアップのレクチャーは検索エンジンからのアクセス流入を期待する記事コンテンツの質を上げる(文字数などの対策含む)手法をメインに語られており、それはそれで正しい反面、そのレクチャーに沿って作られているブログ(記事)は雨後のタケノコのように出現してくるので競合(ライバル)が日々増えている可能性があります。

あえてそんな競合(ライバル)の多いところに突撃する場合、知識を総動員し歯を食いしばって質の高い記事を更新し、それで求めるアクセスが集まってくれればいいのですが、必ずしもうまく行くとは限りません。

ブログのアクセスが0のときの裏技

アクセスアップのプロである集客コンサルタントの先生も「私の言う通り、こうすればアクセスアップします!」と教えてくれますが、その手法でどの程度アクセスアップするのか?、どれくらいの労力や期間が必要なのか?、その費用対効果はどうなのか?という重要なポイントは分からないのです。永遠に努力して継続すれば、いつかゴールに辿り着くだろうという楽観的な発想がその根柢に存在しています。

実際、何かすれば少しはアクセスアップするのでしょうが、「今、コンテンツSEO対策は真っ盛りで初心者がこれからやるんじゃ大変ですよ。」とか「そんな競合の多いビッグキーワードで今さらブログ作ってもそう簡単にアクセス集まりませんよ。」とはほとんど言いません。コンサルタントの先生の稼ぎが減ってしまいますからね。

このため自分のブログのアクセスアップにどんな手法を使うか、最終的には自分で費用対効果を見越して判断する必要があります。たかがブログのアクセスアップにそんなに手がかかるなら何もやらないほうがいい、という決断も当然アリです。

管理人は、例えば今ご覧のこのブログは検索エンジンからのアクセスアップを前提として1-①と1‐②の対策をメインで一応作っていますが、他のブログでは検索エンジン以外の場所からのアクセスアップを狙っているものもあります。

競合の多いビッグキーワード(例:ダイエット、FX、スマホアプリなど)で検索エンジンの上位争いではどう頑張っても勝てそうにない場合はツイッターをメインにしてSNSからアクセスを呼んでいるブログもあります。


さて長くなってしまいましたが、ちょっとしたアクセスアップの裏技もこのブログの記事で紹介していますのでこんど時間がありましたらぜひご覧ください。

例えば「今時、ブログのアクセスアップに裏技なんて無いだろう?」って時代に堂々と【アクセスアップの裏技】というタイトルのブログを作るだけでアクセスが集まってくれます。せっかくここまで読んで頂いたので、よかったらこれもアクセスアップの裏技(豆知識)として今日のお土産に持って帰ってください(笑)。

ブログで紹介したアクセスアップのツール集はこちらに纏めてあります。

それでは、貴ブログのご成功をお祈りしております。

お疲れ様でした。

管理人 小太郎


もっとアクセスアップするように

頑張ってね!